コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平光通 まつだいら みつみち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平光通 まつだいら-みつみち

1636-1674 江戸時代前期の大名。
寛永13年5月7日生まれ。松平忠昌(ただまさ)の嫡男正保(しょうほ)2年10歳で越前(えちぜん)福居(福井)藩主松平家4代となる。異母兄昌勝(まさかつ)に5万石,異母弟昌親(まさちか)(吉品(よしのり))に2万5000石を分与。寛文元年藩札「福井寛文札」を発行。庶子直堅(なおかた)をめぐる相続争いになやみ,延宝2年3月24日自害。39歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

松平光通 (まつだいらみつみち)

生年月日:1636年5月7日
江戸時代前期の大名
1674年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

松平光通の関連キーワード栗崎道喜(2代)新田義貞と福井酒井有休松平直堅生年月日奈須泉石

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android