松平勝善(読み)まつだいら かつよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平勝善 まつだいら-かつよし

1817-1856 江戸時代後期の大名。
文化14年6月29日生まれ。薩摩(さつま)鹿児島藩主島津斉宣(なりのぶ)の11男。松平定通(さだみち)の養子となり,天保(てんぽう)6年伊予(いよ)松山藩主松平(久松)家12代。天明4年(1784)落雷のため焼失した本丸天守閣の復興工事を安政2年完成させた。安政3年8月11日死去。40歳。初名は定穀(さだよし)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

松平勝善の関連情報