コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平定敬 まつだいら

美術人名辞典の解説

松平定敬

幕末の維新期の大名。伊勢桑名藩主・京都所司代。美濃高須藩松平義建の七男、会津藩主(京都守護職)松平容保の弟。号は晴山、通称は鍥之助。戊辰戦争が起こると徳川慶喜に従い江戸城に入った。のち箱館に渡り、五稜郭で政府軍に抵抗した。後年日光東照宮宮司となった。明治41年(1908)歿、63才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平定敬 まつだいら-さだあき

1847*-1908 幕末-明治時代の大名。
弘化(こうか)3年12月2日生まれ。美濃(みの)(岐阜県)高須藩主松平義建(よしたつ)の7男。松平猷(みち)の婿養子となり,安政6年伊勢(いせ)(三重県)桑名藩主松平(久松)家4代。元治(げんじ)元年京都所司代。実兄の京都守護職松平容保(かたもり)とともに京都の治安維持にあたる。戊辰(ぼしん)戦争で転戦して箱館(はこだて)の五稜郭にはいり,明治2年降伏して伊勢津藩にあずけられた。29年日光東照宮宮司(ぐうじ)。明治41年7月21日死去。63歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

松平定敬

没年:明治41.7.21(1908)
生年:弘化3.12.2(1847.1.18)
幕末維新期の桑名藩(三重県)藩主,京都所司代。通称鎮之助,晴山と号した。父は美濃国(岐阜県)高須城主松平義建。尾張(名古屋)藩主徳川慶勝,会津藩(福島県)藩主松平容保の弟。安政6(1859)年桑名藩主松平猷の養子となり家督を相続した。元治1(1864)年京都所司代に就任し,一橋慶喜,松平容保と共にいわゆる一会桑政権の一翼を担い,京都の治安維持および朝幕間の周旋に努めた。慶応2(1866)年8月から9月にかけての同政権崩壊後は兄容保と袂を分かち,終始一貫慶喜と行動を共にする。明治1(1868)年の鳥羽・伏見の戦ののち,大坂を逃れて江戸城に入り,主戦論を唱えた。のち東北を経て箱館に渡り,五稜郭で政府軍に抵抗したため,翌年津藩に永預となり,同5年1月になってようやく許された。なお会津藩士手代木直右衛門によれば,坂本竜馬暗殺犯とされる京都見廻組与頭佐々木只三郎に暗殺を指令したのは定敬だという。<参考文献>「酒井孫八郎日記」(『維新日乗纂輯』4巻)

(家近良樹)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

松平定敬の関連キーワード徳川茂徳明治時代会津戦争滝銕次郎松平定教桑名城

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

松平定敬の関連情報