コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平定賢 まつだいら さだよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平定賢 まつだいら-さだよし

1709-1770 江戸時代中期の大名。
宝永6年生まれ。陸奥(むつ)守山藩(福島県)藩主松平頼貞(よりさだ)の6男。松平定儀(さだのり)の養子となり,享保(きょうほう)12年越後(えちご)(新潟県)高田藩主松平(久松)家5代。寛保(かんぽう)元年転封(てんぽう)されて陸奥白河藩(福島県)藩主。11万石。明和7年7月12日死去。62歳。初名は頼儀(よりのり),頼軌(よりのり)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

松平定賢の関連キーワード松平定邦

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android