コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尚貞王 しょうていおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尚貞王 しょうていおう

1646*-1709 琉球の国王。第二尚氏王統第11代。在位1669-1709。
尚賢王5年12月6日生まれ。尚質王の長男。向象賢(しよう-じょうけん)(羽地朝秀(はねじ-ちょうしゅう))らの補佐をえて荒地の開墾や学問の奨励などをすすめ,島津氏の支配によって疲弊した国力の回復と行政改革につとめた。尚貞王41年7月13日死去。65歳。童名(わらびなー)は思五郎金(うみぐらーがに)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

尚貞王 (しょうていおう)

生年月日:1646年12月6日
江戸時代前期;中期の琉球の国王
1709年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

尚貞王の関連キーワード仲村渠致元照喜名聞覚仲宗根喜元平敷屋朝敏玉城朝薫生年月日幸地賢忠惣慶忠義独潭清澄脱心祖穎壺屋焼尚益王尚敬王鄭秉哲尚賢王蔡国器中期琉球蔡温尚純

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android