コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尚貞王 しょうていおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尚貞王 しょうていおう

1646*-1709 琉球の国王。第二尚氏王統第11代。在位1669-1709。
尚賢王5年12月6日生まれ。尚質王の長男。向象賢(しよう-じょうけん)(羽地朝秀(はねじ-ちょうしゅう))らの補佐をえて荒地の開墾や学問の奨励などをすすめ,島津氏の支配によって疲弊した国力の回復と行政改革につとめた。尚貞王41年7月13日死去。65歳。童名(わらびなー)は思五郎金(うみぐらーがに)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

尚貞王の関連キーワード徳川綱吉徳川綱吉徳川綱吉徳川綱吉徳川綱吉東山天皇井上正継メイナール小林義信金沢五平次

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone