コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平家乗 まつだいら いえのり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平家乗 まつだいら-いえのり

1575-1614 織豊-江戸時代前期の大名。
天正(てんしょう)3年生まれ。松平真乗(さねのり)の長男。天正18年徳川家康の関東入国の際,上野(こうずけ)(群馬県)那波(なわ)に1万石をあたえられる。慶長6年美濃(みの)(岐阜県)に転封(てんぽう),岩村藩主松平(大給(おぎゅう))家初代となる。2万石。慶長19年2月19日死去。40歳。三河(愛知県)出身。通称は源次郎

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

松平家乗の関連キーワード松平乗寿岩村城

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android