コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平容大 まつだいら かたはる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平容大 まつだいら-かたはる

1869-1910 明治時代の大名,華族。
明治2年6月3日生まれ。陸奥(むつ)会津(あいづ)藩(福島県)藩主松平容保(かたもり)の長男。会津戦争に敗れ,会津藩は廃絶されたが,明治2年家名再興をゆるされ,1歳で陸奥斗南(となみ)藩(青森県)3万石の藩主となる。のち子爵,貴族院議員。明治43年6月11日死去。42歳。通称は慶三郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

松平容大

没年:明治43.6.11(1910)
生年:明治2.6.3(1869.7.11)
明治期の斗南藩(青森県)知事,陸軍大尉。旧会津松平家の嗣子。父は容保。明治2(1869)年,家名再興され,翌年斗南藩知事となる。明治17年子爵。のち軍籍に身を置き日清戦争少尉出征,騎兵大尉で退役,貴族院議員に任じた。

(福地惇)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android