コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平忠刻(1) まつだいら ただとき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平忠刻(1) まつだいら-ただとき

1716-1749 江戸時代中期の大名。
享保(きょうほう)元年7月19日生まれ。深溝(ふこうず)松平家の一族松平勘敬の長男。松平忠俔(ただみ)の養子となり,元文3年肥前島原藩(長崎県)藩主松平(深溝)家第1次4代。ハゼノキを植樹させ,生蝋(きろう)生産の基礎をつくった。延享4年奏者番。寛延2年5月10日死去。34歳。初名は貞栄(さだよし)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

松平忠刻(1)の関連キーワード享保徳川吉宗享保の改革丸山権太左衛門ゲーテ信達騒動怪談(妖怪や幽霊にかかわる話)信達一揆吉田藩(三河国)レッシング(Gotthold Ephraim Lessing)

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android