コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平忠栄 まつだいら ただなか

1件 の用語解説(松平忠栄の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平忠栄 まつだいら-ただなか

1805*-1869 江戸時代後期の大名。
文化元年12月13日生まれ。松平忠告(ただつぐ)の9男。甥(おい)松平忠誨(ただのり)のあと,文政12年摂津尼崎(あまがさき)藩(兵庫県)藩主松平(桜井)家6代となる。藩財政が悪化し,天保(てんぽう)10年鶏卵専売制を実施。明治2年9月7日死去。66歳。通称は与次郎

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

松平忠栄の関連キーワード藩学一覧ネルソン序曲ムハンマド・アリーネルソンネルソン隠れキリシタン女性参政権グレアムグレアム

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone