コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平忠清 まつだいら ただきよ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平忠清 まつだいら-ただきよ

1585-1612 江戸時代前期の大名。
天正(てんしょう)13年生まれ。松平家清の長男。慶長15年三河(愛知県)吉田藩主松平(竹谷(たけのや))家2代となるが,17年4月20日急死。28歳。嗣子がなく除封となる。弟清昌(きよまさ)が三河宝飯(ほい)郡に5000石をあたえられ,旗本として名跡をついだ。通称は万之助。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

松平忠清の関連キーワードシェークスピア四国征伐安土桃山時代(年表)パシオパシオ勧修寺光豊プッサンルドルフ[2世]ザゴースキン佐々木小次郎

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android