コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平慶倫 まつだいら よしとも

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平慶倫 まつだいら-よしとも

1827-1871 幕末-明治時代の大名。
文政10年閏(うるう)6月5日生まれ。松平斉孝(なりたか)の3男。義兄斉民(なりたみ)の養子となり,安政2年美作(みまさか)(岡山県)津山藩主松平(越前(えちぜん))家9代。文久3年勅命で朝廷と幕府との調停につとめた。明治4年7月26日死去。45歳。初名は有倫。同家は斉民の4男康倫(やすとも),ついで同5男康民(やすたみ)が跡をつぎ,康民は子爵,貴族院議員となる。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

松平慶倫の関連キーワード廃藩置県社会主義普仏戦争マーシャルインターナショナル新教育高田藩北海道開拓郵便切手日本科学史(年表)

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android