コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平照子 まつだいら てるこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平照子 まつだいら-てるこ

1832-1884 幕末-明治時代の女性。
天保(てんぽう)3年生まれ。上総(かずさ)(千葉県)飯野藩主保科正丕(まさもと)の娘。陸奥(むつ)会津(あいづ)藩主松平容敬(かたたか)の養女となり,豊前(ぶぜん)中津藩主奥平昌服(まさもと)と結婚したが,離別して養家にかえる。戊辰(ぼしん)戦争で若松城籠城(ろうじょう)の際,婦女子を指揮して傷病兵の看護,食糧・弾薬の配給にあたった。和歌,書をよくした。明治17年2月28日死去。53歳。通称は照姫。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

松平照子の関連キーワードスベルドラップ(Johan Sverdrup)ハモンドハモンドアービング(Washington Irving)バルザックジョン・L.L.B. ハモンド十二の練習曲雪華図説ヘンリーアーノルド

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android