コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平直哉 まつだいら なおとし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平直哉 まつだいら-なおとし

1848-1897 幕末-明治時代の大名,華族。
嘉永(かえい)元年2月29日生まれ。松平直温(なおより)の長男。安政3年出雲(いずも)(島根県)母里(もり)藩主松平(越前(えちぜん))家10代となる。元治(げんじ)元年第1次幕長戦争に際し,江戸定府(じょうふ)大名としてはじめて帰藩した。のち子爵,貴族院議員。明治30年12月31日死去。50歳。通称は悦之進。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

松平直哉の関連キーワード一八四八年の革命三月革命労働者友愛会ガルニエ=パージェスアウスグライヒウィーン蜂起革命カッタネオグリルパルツァーコンシデラン