コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平直温 まつだいら なおより

2件 の用語解説(松平直温の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平直温 まつだいら-なおより

1830-1856 江戸時代後期の大名。
文政13年3月24日生まれ。美作(みまさか)(岡山県)津山藩主松平斉孝(なりたか)の5男。松平直興(なおおき)の婿養子となり,天保(てんぽう)14年出雲(いずも)(島根県)母里(もり)藩主松平(越前(えちぜん))家9代。安政3年9月21日死去。27歳。通称は敬之進。

松平直温 まつだいら-なおのぶ

1795-1816 江戸時代後期の大名。
寛政7年2月14日生まれ。松平直恒(なおつね)の次男。文化7年武蔵(むさし)川越藩(埼玉県)藩主松平(越前(えちぜん))家3代となる。文化13年7月28日死去。22歳。通称は亀三郎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

松平直温の関連キーワード民衆を導く自由の女神結城寅寿ミシン嬉遊笑覧加藤徳成木村芥舟サヴォリ関寛斎ドンケル=クルティウス向山誠斎

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone