コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平親賢 まつだいら ちかかた

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平親賢 まつだいら-ちかかた

1753-1802 江戸時代中期-後期の大名。
宝暦3年6月10日生まれ。松平親盈(ちかみつ)の次男。兄親貞(ちかさだ)の養子となり,天明5年豊後(ぶんご)(大分県)杵築(きつき)藩主松平(能見(のみ))家7代。三浦梅園(ばいえん)から,執政のための献策「丙午封事」をうけている。享和2年9月10日死去。50歳。通称は民之助

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

松平親賢の関連キーワード大英博物館高橋孫兵衛吉住小三郎大英博物館銚子醤油フランクリン(Benjamin Franklin)ラランド(Joseph Jérôme Lefrançois de Lalande)日本の民家沢村宗十郎大田原庸清

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android