コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平頼常 まつだいら よりつね

2件 の用語解説(松平頼常の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平頼常 まつだいら-よりつね

1652-1704 江戸時代前期の大名。
承応(じょうおう)元年11月21日生まれ。徳川光圀(みつくに)の長男。光圀が兄頼重(よりしげ)の子綱条(つなえだ)に水戸藩をつがせ,頼常を頼重の世嗣(せいし)としたため,寛文13年頼常は讃岐(さぬき)高松藩主松平(水戸)家2代となる。徹底した倹約政策をおしすすめ,藩財政をたてなおした。元禄(げんろく)15年藩校講堂を創設。宝永元年4月3日死去。53歳。通称は右京。号は南嶺。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

松平頼常

没年:宝永1.4.3(1704.5.6)
生年:承応1.11.21(1652.12.21)
江戸前期の讃岐国高松藩(高松市)藩主。江戸生まれ。通称は幼名鶴松,鶴千代,のち兵部,右京,左近衛権少将に任ぜられる。父は水戸藩主徳川光圀。母は玉井親次の娘。寛文4(1664)年高松藩主松平頼重の養子となり,延宝1(1673)年頼重隠居により12万石を継ぐ。襲封当時はまだ藩政確立期にあたり,当初から藩財政は窮乏,家臣の俸禄借上げ,質素倹約の徹底などに努めた。その結果20万両の蓄財ができたという。法令の整備を行い,城下には藩校講堂を創建した。学問を好み,藩校では家臣の子弟や庶民にまでも儒学を学ばせた。前藩主頼重の別邸であった栗林荘(栗林公園)の庭普請を行った。

(小柴良介)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松平頼常の関連キーワード高松市高松大学高松空港伊藤宗介紀太理兵衛(2代)千宗守(2代)橘安道松平可正松平頼重松平頼恕

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

松平頼常の関連情報