松木長右衛門(読み)まつき ちょうえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松木長右衛門 まつき-ちょうえもん

1847-1878 明治時代の村吏。
弘化(こうか)4年生まれ。明治5年神奈川県真土(しんど)村ほか3ヵ村の連合戸長となる。6年の地租改正の際に土地の所有をめぐって争いとなり,11年10月26日冠弥右衛門ら村民の焼き討ちにあい家族とともに殺害された(真土事件)。32歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android