松木長右衛門(読み)まつき ちょうえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松木長右衛門 まつき-ちょうえもん

1847-1878 明治時代の村吏。
弘化(こうか)4年生まれ。明治5年神奈川県真土(しんど)村ほか3ヵ村の連合戸長となる。6年の地租改正の際に土地の所有をめぐって争いとなり,11年10月26日冠弥右衛門ら村民の焼き討ちにあい家族とともに殺害された(真土事件)。32歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android