コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松木長右衛門 まつき ちょうえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松木長右衛門 まつき-ちょうえもん

1847-1878 明治時代の村吏。
弘化(こうか)4年生まれ。明治5年神奈川県真土(しんど)村ほか3ヵ村の連合戸長となる。6年の地租改正の際に土地の所有をめぐって争いとなり,11年10月26日冠弥右衛門ら村民の焼き討ちにあい家族とともに殺害された(真土事件)。32歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

松木長右衛門の関連キーワード明治時代弘化村吏

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android