松浦交翠軒(読み)まつうら こうすいけん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松浦交翠軒 まつうら-こうすいけん

1644-1707 江戸時代前期-中期の儒者。
寛永21年2月1日生まれ。播磨(はりま)(兵庫県)姫路藩主榊原忠次につかえ,江戸の林鵞峰(がほう)のもとでまなぶ。忠次没後,致仕して講説を業とした。宝永4年9月27日死去。64歳。名は黙。字(あざな)は成之。通称藤五郎。著作に「孝経大義証解」「論語証解」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android