コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松浦玲 まつうら れい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松浦玲 まつうら-れい

1931- 昭和後期-平成時代の日本史学者。
昭和6年10月4日生まれ。京都市史編纂所(へんさんじょ)主幹などをへて,昭和56年桃山学院大教授となる。専攻は近世・近代史。横井小楠(しょうなん)や勝海舟らの研究のほか,天皇制に独自な見解をしめす。広島県出身。立命館大卒。著作に「日本人にとって天皇とは何であったか」「横井小楠」「勝海舟」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

松浦玲の関連キーワード海江田信義玉木文之進佐久間象山玉虫左太夫夢酔独言省けん録吉井友実航米日録闢邪小言

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android