コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松浦鎮次郎 まつうらしげじろう

3件 の用語解説(松浦鎮次郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

松浦鎮次郎
まつうらしげじろう

[生]明治5(1872).1.10. 愛媛
[没]1945. 東京
大正・昭和期の教育行政家。 1898年東京帝国大学法科大学卒業。東京府参事官を経て 1902年文部省に入り,大臣秘書官,会計課長を歴任後,06年からアメリカドイツに留学して教育行政を研究。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松浦鎮次郎 まつうら-ちんじろう

まつうら-しげじろう

松浦鎮次郎 まつうら-しげじろう

1872-1945 明治-昭和時代前期の官僚。
明治5年1月10日生まれ。35年内務省から文部省にうつり,文部次官をへて,京城帝大総長,九州帝大総長を歴任。のち貴族院議員,枢密顧問官となり,昭和15年米内(よない)内閣の文相。昭和20年9月28日死去。74歳。愛媛県出身。東京帝大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

松浦鎮次郎の関連キーワード鳳秀太郎伊藤由太郎岡田唯吉佐伯芳馬竹内類治築田多吉二条正麿矢川ミキ吉田栄三(初代)吉田静致

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone