コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松浦鎮次郎 まつうらしげじろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

松浦鎮次郎
まつうらしげじろう

[生]明治5(1872).1.10. 愛媛
[没]1945. 東京
大正・昭和期の教育行政家。 1898年東京帝国大学法科大学卒業。東京府参事官を経て 1902年文部省に入り,大臣秘書官,会計課長を歴任後,06年からアメリカ,ドイツに留学して教育行政を研究。帰国後専門学務局長を経て 24~27年文部次官。京城帝国大学総長をつとめ,29~36年九州帝国大学総長。退任後同大学名誉教授。これより先 30年勅選貴族院議員,38年枢密顧問官。 40年1月米内内閣の文部大臣に就任したが,内閣更迭により同年7月辞任,再び枢密顧問官に任じられた。学制改革に熱意をもち,その研究資料として,教育史編纂会を組織して『明治以降教育制度発達史』 (12巻,1939) を刊行した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松浦鎮次郎 まつうら-ちんじろう

まつうら-しげじろう

松浦鎮次郎 まつうら-しげじろう

1872-1945 明治-昭和時代前期の官僚。
明治5年1月10日生まれ。35年内務省から文部省にうつり,文部次官をへて,京城帝大総長,九州帝大総長を歴任。のち貴族院議員,枢密顧問官となり,昭和15年米内(よない)内閣の文相。昭和20年9月28日死去。74歳。愛媛県出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

松浦鎮次郎の関連キーワード日本郵便制度史(年表)富岡製糸場アルルの女モンクラランド竹本長十郎マレー吉沢検校(2代)ダヴィデゴンブルサ事件

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android