コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松田駒水 まつだ くすい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松田駒水 まつだ-くすい

1757-1830 江戸時代中期-後期の儒者。
宝暦7年生まれ。陸奥(むつ)弘前(ひろさき)藩(青森県)藩士。山崎蘭洲(らんしゅう)にまなぶ。藩の刑律吏として「寛政律」をまとめた。天保(てんぽう)元年(一説に文化13年7月14日)死去。74歳。名は善奇。字(あざな)は正卿。通称は常蔵。著作に「駒水筆談」「地球万国考」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

松田駒水の関連キーワード奴隷制廃止運動シャルル民衆を導く自由の女神パーマストン(子)ギゾースタンダールフランス史(年表)プラッシーの戦白粒岩怪談(妖怪や幽霊にかかわる話)