コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松田黄牛 まつだ こうぎゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松田黄牛 まつだ-こうぎゅう

1761-1853 江戸時代後期の儒者。
宝暦11年7月生まれ。信濃(しなの)(長野県)伊那郡新町村の出身。坂本天山に易学をまなび,文政元年高遠藩に儒員としてつかえた。のち郷里にかえり,医業のかたわら家塾をひらいた。嘉永(かえい)6年8月12日死去。93歳。名は文成。字(あざな)は三就,永安。著作に「黄牛子」「周易玉契」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

松田黄牛の関連キーワード徳川家慶北尾派シャルルボアシュパンベルグスパンベルグバーラージー・バージー・ラーオ上田秋成ショアズールラモーの甥ポンディシェリ

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone