コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松羽目 マツバメ

デジタル大辞泉の解説

まつ‐ばめ【松羽目】

《松を描いた羽目板の意》歌舞伎大道具の一。能舞台を模して、正面に老松、左右の袖に竹を描いた羽目板模様の張り物。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まつばめ【松羽目】

歌舞伎の大道具の一。能舞台をまねて正面に老い松を一本描き、左右に竹を描いた羽目板。
能舞台の鏡板かがみいたの別名。 〔歌舞伎から出た語〕
「松羽目物」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

松羽目の関連キーワード市川団十郎(9代)尾上菊五郎(5代)市川団十郎(7代)花柳寿輔(初代)新歌舞伎十八番土蜘蛛(能)河竹黙阿弥市川團十郎片しゃぎり日本舞踊日本演劇しゃぎりチヨマツ身替座禅松羽目物連獅子勧進帳土蜘蛛船弁慶時代物

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android