コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松蘿 ショウラ

2件 の用語解説(松蘿の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しょう‐ら【松×蘿】

サルオガセの漢名。
松の木に絡まる蔓(つる)。男女の契りの固いことのたとえに用いる。
「―の契り色深く」〈盛衰記・三九〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の松蘿の言及

【サルオガセ】より

…主な種類には,地衣体が二叉分枝をくり返し,皮層にリング状の割れ目の多いヨコワサルオガセU.diffracta Vain.,皮層に赤色の色素をもつアカヒゲゴケU.rubicunda Stirt.などがある。 サルオガセ類はウスニン酸usnic acidを含み,松蘿(しようら),老君鬚(ろうくんしゆ)などと称して,利尿,解熱,去痰薬とする。【柏谷 博之】【新田 あや】。…

※「松蘿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

松蘿の関連情報