コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松阪赤菜

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

松阪赤菜[根菜・土物類]
まつさかあかな

東海地方、三重県の地域ブランド。
主に松阪市で生産されている。蒲生氏郷が松阪に国替えとなったときに、日野菜の種を持ち込み栽培したのが始まりという。明治時代品種改良を経て現在の形となった。1965(昭和40)年頃、一度姿を消したが、保存されていた種から栽培が復活した。葉の軸と根部全体は、鮮やかな紅色。漬物・サラダなどに利用される。冬季が旬。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

松阪赤菜の関連キーワード三重県松阪市東海地方

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android