板橋貫雄(読み)いたばし つらお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

板橋貫雄 いたばし-つらお

1809-1872* 江戸時代後期の画家。
文化6年生まれ。江戸の人。住吉派住吉弘貫(ひろつら)にまなんだ。山水・人物・草花画にすぐれた。明治4年12月22日死去。63歳。初名は惟親,定時通称は孫三郎。号は玉松,清容,菊廼舎。作品に「職人尽歌合(しょくにんづくしうたあわせ)」の挿画

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android