コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

板状節理 バンジョウセツリ

デジタル大辞泉の解説

ばんじょう‐せつり〔バンジヤウ‐〕【板状節理】

岩石中に発達する平らな板のような規則正しい割れ目。火山岩などにみられる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

岩石学辞典の解説

板状節理

熔岩流の上下面にほぼ平行に発達し,多数の平行な板状に規則的に割れるもので,熔岩流や火山砕屑岩などの中の不均質岩が原因のものが多い.日本では小田原南方の根府川石や諏訪付近の鉄平石などがある.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ばんじょうせつり【板状節理】

節理の一種。安山岩などにみられ、岩体を板状に分離する。鉄平石などはその好例。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の板状節理の言及

【節理】より

…柱状節理はしばしば景勝地となり,宮城県材木岩,福井県東尋坊,兵庫県玄武洞などは天然記念物に指定されている。さらに溶岩流の上面や下面の急冷面に比較的近い部分では,等温面にほぼ平行な板状節理が発達することがある。数cm前後に薄くはげるため石材としてよく利用される。…

※「板状節理」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

板状節理の関連情報