コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

板谷桂舟 いたや・けいしゅう

1件 の用語解説(板谷桂舟の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

板谷桂舟

没年:寛政9.8.21(1797.10.10)
生年:享保14(1729)
江戸中期の画家。名は広当。薙髪して慶舟と号し,さらに寛政7(1795)年12月桂舟に改めた。江戸のやまと絵画家住吉広守の門人。同門の粟田口慶羽が別に栗田口家を興したように,慶舟も別に一家を成して板谷家を興し,主家住吉家に次いで幕府の御用絵師となった。主家の篤い信任を得,広守が晩年病身と高齢で家業を継続し難くなった折,一時,主家の扶持,屋敷を預り,師の没後は住吉姓を称したが,慶舟の長男広行が住吉家を継ぐにおよんで,再び板谷姓に復した。以後板谷家は,桂意広長―桂舟広隆―桂意広寿―桂舟弘延―桂意広春と続き,幕府の絵事御用を勤めた。<参考文献>大村西崖編『東洋美術大観』5巻

(榊原悟)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

板谷桂舟の関連キーワード板谷桂舟(慶舟)住吉広通住吉慶意林信春平蕉斎松井元仲狩野令信桂舟広隆板谷慶舟住吉広当

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone