粟田口慶羽(読み)あわたぐち けいう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

粟田口慶羽 あわたぐち-けいう

1723-1791 江戸時代中期の画家。
享保(きょうほう)8年生まれ。住吉広守門人。宝暦11年幕府の御用絵師となる。尊敬する粟田口隆光(りゅうこう)にちなんで姓とし,粟田口派をおこした。人物花鳥画を得意とした。寛政3年10月16日死去。69歳。本姓は近藤。名は直芳。通称は五郎兵衛。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

粟田口慶羽

没年:寛政3.10.16(1791.11.11)
生年:享保8(1723)
江戸中期の画家。名を直芳。江戸のやまと絵画家住吉広守の門人であるが,別に粟田口家を興し,江戸幕府の御用絵師となった。以後,慶受直隆―珪羽直興―桂節隆吉―珪輪隆重と粟田口家は幕府御絵番として活躍した。<参考文献>大村西崖編『東洋美術大観』5巻

(榊原悟)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android