コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

林松翁 はやし しょうおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

林松翁 はやし-しょうおう

1541-1653 織豊-江戸時代前期の鉱業家。
天文(てんぶん)10年生まれ。石見(いわみ)(島根県)の人。慶長のころ幕府領の石見銀山のうち邇摩郡(にまぐん)大浦(大田市)地方で新鉱を開発。寛永19年(1642)の飢饉(ききん)に際し,所蔵の米をだして窮民をすくった。承応(じょうおう)2年10月1日死去。113歳。名は通村。通称は弥三郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

林松翁の関連キーワードクルーエ(父子)伊奈忠治USENロータス城塞前田慶次雇用促進住宅穴山梅雪尼子経久エルグレコ常呂川

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone