林松翁(読み)はやし しょうおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

林松翁 はやし-しょうおう

1541-1653 織豊-江戸時代前期の鉱業家。
天文(てんぶん)10年生まれ。石見(いわみ)(島根県)の人。慶長のころ幕府領の石見銀山のうち邇摩郡(にまぐん)大浦(大田市)地方で新鉱を開発。寛永19年(1642)の飢饉(ききん)に際し,所蔵の米をだして窮民をすくった。承応(じょうおう)2年10月1日死去。113歳。名は通村。通称は弥三郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android