コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

林松翁 はやし しょうおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

林松翁 はやし-しょうおう

1541-1653 織豊-江戸時代前期の鉱業家。
天文(てんぶん)10年生まれ。石見(いわみ)(島根県)の人。慶長のころ幕府領の石見銀山のうち邇摩郡(にまぐん)大浦(大田市)地方で新鉱を開発。寛永19年(1642)の飢饉(ききん)に際し,所蔵の米をだして窮民をすくった。承応(じょうおう)2年10月1日死去。113歳。名は通村。通称は弥三郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

林松翁の関連キーワードクルーエクルーエ(父子)スイス史(年表)伊奈忠治クロムウェル(Oliver Cromwell)マザランUSENロータス城塞前田慶次雇用促進住宅

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android