コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

穴山梅雪 あなやまばいせつ

6件 の用語解説(穴山梅雪の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

穴山梅雪
あなやまばいせつ

「穴山信君 (あなやまのぶきみ)」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あなやま‐ばいせつ【穴山梅雪】

[1541~1582]戦国時代の武将。甲斐武田氏の一族。名は信君。駿河江尻城主。武田氏滅亡の際、徳川家康に内通し、織田信長に降伏。上洛のおり本能寺の変にあい、帰国の途次に一揆勢に殺された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

穴山梅雪【あなやまばいせつ】

戦国期の武将。甲斐武田氏の親族。名は信君。甲斐河内地方を領し駿河対策に貢献。1575年駿河江尻城主となる。武田信玄・勝頼に仕えたが,1582年徳川家康に降り,家康とともに安土に織田信長を訪問。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

穴山梅雪 あなやま-ばいせつ

1541-1582 戦国-織豊時代の武将。
天文(てんぶん)10年生まれ。武田信玄の娘婿で武田氏の重臣。天正(てんしょう)3年駿河(するが)(静岡県)江尻城主となるが,10年武田氏滅亡の直前に徳川家康にくだった。同年織田信長に謁見するが,本能寺の変にあって帰国の途中,6月2日山城(京都府)宇治田原で一揆(いっき)勢に殺害された。42歳。名は信君。通称は玄蕃頭,左衛門大夫。別号に不白。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

あなやまばいせつ【穴山梅雪】

1541‐82(天文10‐天正10)
戦国時代の武将。名は信君。斎号を梅雪斎不白。左衛門大夫。玄蕃頭。陸奥守。父は穴山信友。母は武田信玄の姉。信玄の娘をめとる。甲斐河内地方を領し,武田氏の南下にともない1575年(天正3)以後駿河江尻城主となる。武田氏の親族であるが,82年徳川家康を介して織田信長に降り,徳川家康と安土に信長を訪問。和泉堺で本能寺の変に遭遇し帰国の途中,山城宇治田原で一揆のため殺された。【笹本 正治】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

あなやまばいせつ【穴山梅雪】

1541~1582) 戦国時代の武田氏の武将。名は信君。母は武田信玄の姉、妻は信玄の女むすめ。駿河江尻城主。武田家滅亡の直前徳川家康に降り、安土で織田信長に謁し、本能寺の変の後、一揆勢に殺された。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の穴山梅雪の言及

【江尻】より

…駿河国(静岡県)の宿場町。南北朝時代にはすでに伊勢方面との海上交通に従事する者が存在,1376年(天授2∥永和2)の今川範国の書状によれば,江尻より駿河国内にある鎌倉円覚寺の荘園の年貢が送り出され,江尻は年貢その他物資の集散地であった。1532年(天文1)今川氏輝は江尻に商人宿および諸役を免除し,三度市を認めた。ついで今川義元・氏真は廻船の諸役を免除,江尻を宿場町・湊町として保護した。武田氏の駿河侵入後,巴川の蛇行を利用して外堀とした江尻城が築かれ,城下町が整えられ城主穴山信君(梅雪)は江尻を起点に興津・蒲原を経て甲州に通じる伝馬制を実施,南甲州から駿河の領国経営の中心とした。…

【甲州征伐】より

…これに対し信長は82年2月に武田氏追討の兵をおこし,主力の織田信忠軍は木曾口と岩村口から進撃して,伊那の諸城を次々に陥れた。また家康も駿河口から攻撃を開始し,武田氏の一族穴山梅雪を味方にした。こうした状況の中で諏訪まで出陣していた勝頼は,2月28日に前年より築城していた新府城に帰り,3月3日には郡内の領主小山田信茂の意見に従い城に火を放ち大月の岩殿城に向かった。…

※「穴山梅雪」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

穴山梅雪の関連キーワード織豊時代安宅康重跡部勝資植村家存佐知景則高城胤辰滝宮安資武田信豊妻木広忠松平真乗

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

穴山梅雪の関連情報