林源琳(読み)はやしの げんりん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

林源琳 はやしの-げんりん

?-? 鎌倉-南北朝時代の武将。
瓜生保(うりゅう-たもつ)の弟。建武(けんむ)3=延元元年(1336)義鑑(ぎかん)ら兄弟と越前(えちぜん)(福井県)杣山(そまやま)城で脇屋義治を擁して挙兵。翌年金ケ崎城の新田義貞を救援にいく途中,今川頼貞とたたかい兄たちは戦死。杣山城にもどった後は不明。一説に保らの伯父。本姓は瓜生。通称は次郎入道。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android