枘鑿(読み)ゼイサク

精選版 日本国語大辞典の解説

ぜい‐さく【枘鑿】

〘名〙 (「ほうぜいえんさく(方枘円鑿)」の略。「枘」は木材や石材を組むとき、そのはしを刻み、他の穴(枘穴)に入れるための突起。「鑿」は掘られた穴) 四角い枘(ほぞ)(=方枘)と円い穴(円鑿)。転じて、物事がたがいにくいちがって合わないことのたとえ。円鑿方枘(えんさくほうぜい)
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉三「西洋の良法善制を取て、之を東洋に行ふには、其形跡をすてて、其旨意をとり、能く酌量して行はざれば、往々に枘鑿合せざるものあり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android