コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

枝折る/栞る シオル

デジタル大辞泉の解説

しお・る〔しをる〕【枝折る/×栞る】

[動ラ四]《「撓(しお)る」と同語源で、木の枝を折りたわめるところからか》
木の枝などを折って、道しるべとする。
「降る雪に―・りし柴もうづもれて思はぬ山に冬ごもりする」〈山家集・上〉
道案内をする。導く。
「咲きぬやとしらぬ山路に尋ねいる我をば花の―・るなりけり」〈千載・春上〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しおる【枝折る】

( 動四 )
〔「撓しおる」と同源。「枝折る」は当て字か〕
道しるべのため、木の枝などを折る。 「世の憂さに-・らで入りし奥山に/浜松中納言 1

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

枝折る/栞るの関連キーワード枝折り・栞・枝折道しるべ当て字

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android