枯草(読み)コソウ

精選版 日本国語大辞典の解説

かる‐も【枯草】

〘名〙 枯れた草。かれくさ。
※夫木(1310頃)二七「秋の野のかるもがしたに月もりてならびふす猪のかげもかくれず〈関白忠通家三河〉」

かれ‐くさ【枯草】

〘名〙 (「かれぐさ」とも)
① 枯れた草。特に、冬枯れの草。《季・冬》
※太平記(14C後)七「剣戟(けんげき)の日に映じて耀きける有様は、暁の霜の枯草(カレくさ)に布(しけ)るが如く也」
② 家畜の飼料にするために刈り取って乾燥させた草。ほし草。まぐさ
※小学読本(1873)〈田中義廉〉二「枯草は、柔かなる物なれば、此上に遊び戯るは、楽きことなり」

こ‐そう ‥サウ【枯草】

〘名〙
① かれた草。かれくさ。
※サントスの御作業(1591)一「タキギ ノ タメニ cosǒ(コサウ) ヂンナイ ナド ヲ ヒロイ」 〔駱賓王‐蛍花賦〕
② 藤原行成が作ったといわれる十六体の書法の一つ。
※異制庭訓往来(14C中)「大納言藤原行成卿作往還〈略〉枯草、落石〈略〉等十六之図也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

枯草の関連情報