柄在家(読み)からざいけ

世界大百科事典 第2版の解説

からざいけ【柄在家】

(1)近世農民の一階層。紀伊,遠江また摂津尼崎藩にみられた。尼崎藩では近世初期に年貢,夫役を負担した一軒前の役家が,貧窮により没落し,揚り役百姓になったが,これを柄在家とよんだ。(2)近世土佐藩における課役の名称。通常田役とよばれ,水路補修のため,本田1反につき春3人ずつの課役を徴するものであるが,1822年(文政5)より新田にも課せられた。また臨時の場合には飯米を給した。普請にあたっては,代官,奉行が経営する場合と地請けといって村落に任される場合があった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android