コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柄川彦右衛門 えがわ ひこえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柄川彦右衛門 えがわ-ひこえもん

1735-1799 江戸時代中期の治水家。
享保(きょうほう)20年生まれ。伯耆(ほうき)(鳥取県)汗入郡(あせりぐん)淀江村の庄屋。明和8年稲吉川から今津村までの16kmの用水路を完成させる。灌漑(かんがい)面積は約80ha。また摂津伊丹(いたみ)(兵庫県)から酒造技術を導入し,淀江酒の名をたかめた。寛政11年死去。65歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

柄川彦右衛門の関連キーワード市川団十郎ブラウン雍正帝古月軒ケイズル河原崎座雍正帝前古典派音楽乾隆帝乾隆帝

今日のキーワード

闇ポテチ

2017年に起こったジャガイモ不足を発端に、非正規のルートで流通したポテトチップスのこと。16年の台風被害などで原料となる北海道産ジャガイモの収穫量が減少したことを受け、17年3月に株式会社湖池屋が、...

続きを読む

コトバンク for iPhone