コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柱立て/柱建て ハシラダテ

デジタル大辞泉の解説

はしら‐だて【柱立て/柱建て】

家屋の建築で、初めて柱を立てること。また、その祝いの儀式。
「新しく建増した―のまま、筵(むしろ)がこいにしたのもあり」〈鏡花・眉かくしの霊〉
「今日吉日の―」〈浄・出世景清

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はしらだて【柱立て】

家屋の建築で、初めて柱を建てること。また、その祝賀の式。 「 -すでに終はり、棟木を揚げんとしけるに/太平記 36
にちなんだ万歳唄の一。「一本の柱は天照大神」などと羅列する。
長々と口上を述べること。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone