祝賀(読み)しゅくが

精選版 日本国語大辞典「祝賀」の解説

しゅく‐が【祝賀】

〘名〙 い喜ぶこと。祝慶(しゅっけい)
随筆・嘉良喜随筆(1750頃)五「神代下巻に、平(へい)の字をおもむかすとよませたり。故に献方の目録には、鯛をおもむきと書く。名によりて祝の魚とす」
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉四八「僕君の為めに敢て祝賀(シュクガ)す」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「祝賀」の解説

しゅく‐が【祝賀】

[名](スル)めでたいこととして喜び祝うこと。「優勝を祝賀する」「祝賀会」
[類語]祝いよろこび慶賀恭賀謹賀奉賀奉祝慶祝大慶同慶御慶慶福祝着祝福祝勝めでたい喜ぶ満悦愉悦喜悦喜色歓喜歓心狂喜驚喜随喜大悦恐悦法悦愉楽悦楽愉快大喜び糠喜び空喜び

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android