柳家 三語楼(初代)(読み)ヤナギヤ サンゴロウ

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

柳家 三語楼(初代)
ヤナギヤ サンゴロウ


職業
落語家

本名
山口 慶二

別名
前名=橘家 右円喬,談洲楼 燕洲

生年月日
明治8年 3月

出身地
神奈川県 横浜市

学歴
セント・ジョセフ・カレッジ卒

経歴
横浜の運送業の家に生まれ、セント・ジョセフ・カレッジを卒業、商館勤めの傍ら、素人英語で活動。明治43年頃、4代目橘家円喬に入門、右円喬と名乗る。師匠没後、2代目柳亭燕枝門下となり燕洲と改め、のち3代目柳家小さんに師事。大正5年真打昇進に際し三語楼と改名した。独特の口調で漢語・英語をまじえたマクラが評判をとり、在来の噺をアレンジした「寝床」「たぬき」や自作の「九段八景」「徳ちゃん」などを得意とした。昭和初期には俗に三語楼協会といわれた落語協会を率い、傘下に柳家金語楼、初代柳家権太楼、初代柳家三亀松などを擁した。晩年、胃癌のため引退し、13年同病で死去した。

没年月日
昭和13年 6月29日 (1938年)

伝記
談志 最後の落語論忘れえぬ落語家たち私の出会った落語家たち―昭和名人奇人伝落語家―いま、むかし落語長屋の知恵 立川 談志 著興津 要 著宇野 信夫 著興津 要 著矢野 誠一 著(発行元 梧桐書院河出書房新社河出書房新社旺文社青蛙房 ’09’08’07’87’86発行)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android