コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セント cent

翻訳|cent

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セント
cent

音楽理論用語。2音間の音程を,数学的に表示する単位で,イギリスの学者 A.エリス (1814~90) によって考案されたもの。本来音程は,振動数の比によって決定され,音程の加減は,比の乗除によって計算されるものであるが,この数式は,きわめて煩瑣で非実用的なものになるのが普通である。エリスは,対数を用いて,1オクターブを 1200等分し,その単位をセントと名づけた。これによると,1オクターブは 1200セント,12平均率の半音は 100セント,同じく完全5度は 700セント,純正5度は 702セントとなる。また,音程の加減も,このセント値の加減によって行われ,短2度プラス長2度ならば,100セントプラス 200セントイコール 300セントというようになる。また,上述の平均率の5度と純正5度の違いなどというような,ごく微細な音程差も,セント値によって的確に表示できるようになった。セントによる音程表示は音楽音響学,民族音楽学などの領域で広く行われている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

セント

通貨単位。米国,カナダ等ではドルの,オランダではギルダーの,スリランカではルピーの各1/100。centはラテン語のcentumに由来し,100を意味する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

セント【Saint】

キリスト教で、聖人・聖者。名に冠して用いる。聖。サント。セイント。略号 St. S.   「 --ジョージ」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のセントの言及

【エリス】より

…特に重要な著作は,《諸民族の音階》(1885,邦訳1951)で,ここで,ヨーロッパだけでなくアジアやアフリカの楽器の音高が物理的な方法で計測され,音階の多様性が提示された。エリスは,音程を振動数によらずに,平均律の半音(これを100単位とする)との比較で行うためセントという単位を提案し,今日でも広く使われている。なお,ヘルムホルツの《音感覚論》の英訳もした。…

【音程】より

音律【渡 鏡子】 音程を計る単位は個々の文化の音組織によって異なる。比較音楽学で今日広く用いられている音程の尺度セント法は西洋近代の12平均律の半音を100セントと見なし,これを基礎としているが,これはあくまでも便宜上のことにすぎない。半音を2等分(すなわち1オクターブを24等分)した4分音を音程の最小単位と考える音組織も存在する。…

※「セント」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

セントの関連キーワードユーラ・ラウフフント・セント・ヒューベルトミネアポリス・セントポール国際空港セントクリストファー・ネービスニューブランズウィック[州]セントクリストファー・ネビスSaint Andrewsセントアンドリューズ大聖堂聖メアリーレッドクリフ教会ルイーズ リチャードソンスー・セント・メリー運河セント・ローレンス水系セントアンドリューズ城セントアンドルーズ城セント・キッツ[島]聖ジョージマーケットラルフ ゴンサルベスアルペン・マスティフ聖アンドルーズ大聖堂聖ジャイルズ大聖堂トランスルーセント

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

セントの関連情報