柳家小さん(5代)(読み)やなぎや こさん

美術人名辞典の解説

柳家小さん(5代)

落語家。大正4年(1915)東京生。本名小林盛夫。昭和47年九代目柳家小三治で真打ちとなり、50年小さんを襲名した。滑稽な落とし噺の伝統を、現代に生かした落語家として高く評価されている。『粗忽長屋』『御慶』『三軒長屋』等が得意の演目。著書に『柳家小さん集』がある。落語協会会長。平成7年人間国宝。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柳家小さん(5代) やなぎや-こさん

1915-2002 昭和-平成時代の落語家。
大正4年1月2日生まれ。昭和8年4代柳家小さんに入門,栗之助,小きんをへて小三治で真打となり,25年5代を襲名。「粗忽(そこつ)長屋」「長屋の花見」など滑稽噺(こっけいばなし)の名人と称され,芸術祭奨励賞などをうける。47年落語協会会長。平成7年人間国宝。剣道は7段範士。平成14年5月16日死去。87歳。長野県出身。本名は小林盛夫。
【格言など】剣道も噺も間が大切。間の悪い奴を間抜けというんだ

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android