柳川秀勝(読み)やながわ ひでかつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柳川秀勝 やながわ-ひでかつ

1833-1908 幕末-明治時代の開拓者。
天保(てんぽう)4年9月23日生まれ。常陸(ひたち)志崎村(茨城県鹿嶋市)の名主。弘化(こうか)2年父の柳川秀一とともに日川(にっかわ)村の開墾に着手し,慶応2年柳川新田をひらいた。また漁業地引き網を導入し,水産学校を創立した。明治41年2月6日死去。76歳。通称は宗左衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android