柳斎重春(読み)りゅうさい しげはる

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「柳斎重春」の解説

柳斎重春 りゅうさい-しげはる

1802-1852 江戸時代後期の浮世絵師
享和2年生まれ。大坂で滝川国広,柳川重信(初代)にまなぶ。役者絵のほか,芝居看板絵,読み本「忠孝二見浦」や絵入根本(ねほん)「契情稚児淵」などの挿絵をかいた。嘉永(かえい)5年5月29日死去。51歳。肥前長崎出身。は山口。名は安秀。通称は甚治郎。別号に玉柳斎,烽山。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

秋の名残

秋の趣を感じさせる最後のもの。冬になっても残っている秋の趣。《季・秋》※堀河百首(1105‐06頃)冬「いかばかり秋の名残をながめまし今朝は木葉に嵐吹かずは〈源俊頼〉」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android