コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柳斎重春 りゅうさい しげはる

美術人名辞典の解説

柳斎重春

江戸末期の浮世絵師。長崎生。号は柳斎、通称は甚治郎、名は安秀別号玉柳齋・玉柳亭等。瀧川國廣、のちに柳川重信に学ぶ。役者絵の他に看板絵・挿絵等も多く描いた。嘉永5年(1852)歿、51才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柳斎重春 りゅうさい-しげはる

1802-1852 江戸時代後期の浮世絵師。
享和2年生まれ。大坂で滝川国広,柳川重信(初代)にまなぶ。役者絵のほか,芝居看板絵,読み本「忠孝二見浦」や絵入根本(ねほん)「契情稚児淵」などの挿絵をかいた。嘉永(かえい)5年5月29日死去。51歳。肥前長崎出身。姓は山口。名は安秀。通称は甚治郎。別号に玉柳斎,烽山。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

柳斎重春の関連キーワード山口重春

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android