柳沢保経(読み)やなぎさわ やすつね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柳沢保経 やなぎさわ-やすつね

1710-1760 江戸時代中期の大名。
宝永7年6月22日生まれ。柳沢吉保の7男。兄柳沢時睦(ときちか)の養子となり,享保(きょうほう)9年越後(えちご)(新潟県)三日市藩主柳沢家2代。36年にわたって草創期の藩政にたずさわり,日光祭礼奉行,駿府(すんぷ)加番,大坂加番などをつとめた。宝暦10年6月6日死去。51歳。生年に宝永3年説もある。通称は頼母。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

プレッパー

非常事態に備え、食糧や自衛のための武器・弾薬などを過度に備蓄している人のこと。「備える(prepare)」から生まれた言葉で、2012年現在では米国に最も多く存在し全米で300~400万人にのぼるとみ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android