コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柴やぎ しばやぎ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

柴やぎ
しばやぎ

鹿児島,長崎およびその周辺の島々で古くから飼われていた日本の在来種で,南京やぎとも呼ばれた。小型であるが体質は強健で,粗放な飼養管理にも耐え,また他の品種と違って一年中繁殖が可能である。日本のやぎはすべて本種であったが,本格的に乳用種が飼われるようになってからは減少し,現在では四国と九州の一部で飼われているにすぎない。なお,日本ザーネンは本種をザーネン種累進交配してつくられたものである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

柴やぎの関連キーワード鹿児島

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android