コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柴原亀二 しばはら かめじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柴原亀二 しばはら-かめじ

1867-1935 明治-大正時代の官吏,弁護士。
慶応3年生まれ。柴原和(やわら)の長男。英,独,仏で法律をまなび,明治28年弁護士となる。翌年,台湾総督府参事官にえらばれ,ついで鳳山支庁長に就任。35年大阪朝日新聞にはいり,清(しん)(中国)に特派される。大正10年神戸でふたたび弁護士を開業。昭和10年死去。69歳。播磨(はりま)(兵庫県)出身。帝国大学卒。号は揖川。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

柴原亀二の関連キーワード大正時代

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android