コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柴原幾左衛門 しばはら いくざえもん

2件 の用語解説(柴原幾左衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柴原幾左衛門 しばはら-いくざえもん

1749-1821 江戸時代中期-後期の商人。
寛延2年生まれ。播磨(はりま)(兵庫県)赤穂郡(あこうぐん)塩屋村の豪商柴原家の10代。酒・味噌(みそ)・醤油(しょうゆ)製造,質商,塩問屋,木問屋をかね,赤穂藩の蔵元役筆頭として江戸浜や大土手浜の干拓などに資金援助をおこなった。文政4年3月13日死去。73歳。通称は義民。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

柴原幾左衛門

没年:文政4.3.13(1821.4.15)
生年:寛延2(1749)
江戸中・後期,赤穂西浜塩田開発の後援者。播磨(兵庫県)赤穂藩塩屋村の豪商柴原家第10代。通称義民,幾左衛門は世襲名。柴原家は寛文(1661~73)ごろより酒造で富を貯え,明和(1764~72)ごろには酒・味噌・醤油製造,質商,塩・木(製塩燃料)問屋を兼業し,文化年間(1804~18)には田畑23町歩,塩田28町歩,大坂に赤穂藩の掛屋(金融業)3軒を所有し,藩の蔵元役筆頭として勘定所,札座に参画。また16歳で南浜15町歩の開拓資金援助,40歳ころには江戸浜7町歩の再起の銀主,50歳ころには大土手浜7町歩新開の銀主として313貫匁の投資を行った。文化10(1813)年には知行100石,隠居へ10人扶持,居屋敷年貢御免などの特権を与えられている。<参考文献>河手竜海『近世日本塩業の研究』

(廣山堯道)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

柴原幾左衛門の関連キーワード鯉屋杉風新田開発鍬下年季浅野長直天野喜四郎梶原景山田尻清五郎野崎武左衛門長谷部九兵衛森忠敬

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone