コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柴垣節 シバガキブシ

大辞林 第三版の解説

しばがきぶし【柴垣節】

明暦(1655~1658)頃、江戸で流行した端唄はうた。もとは北国の米つき唄という。初めは手を打ち胸を打って踊ったが、のちには比丘尼びくになどがびんざさらを打って唄うものとなった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

柴垣節の関連キーワードびんざさら柴垣踊りやっこ柴垣踊端唄柴垣

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android