柴垣節(読み)シバガキブシ

大辞林 第三版の解説

しばがきぶし【柴垣節】

明暦(1655~1658)頃、江戸で流行した端唄はうた。もとは北国の米つき唄という。初めは手を打ち胸を打って踊ったが、のちには比丘尼びくになどがびんざさらを打って唄うものとなった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android