柴垣節(読み)シバガキブシ

大辞林 第三版の解説

しばがきぶし【柴垣節】

明暦(1655~1658)頃、江戸で流行した端唄はうた。もとは北国の米つき唄という。初めは手を打ち胸を打って踊ったが、のちには比丘尼びくになどがびんざさらを打って唄うものとなった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バズる

[動ラ五(四)]《「バズ」の動詞化》俗に、ウェブ上で、ある特定の事柄について話題にする。特に、SNSを通じて多人数がうわさをしたり、意見や感想を述べ合ったりして、一挙に話題が広まることを指す。→バズマ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android