コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柴山良助 しばやま りょうすけ

1件 の用語解説(柴山良助の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柴山良助 しばやま-りょうすけ

1834-1868 幕末の武士。
天保(てんぽう)5年生まれ。柴山愛次郎・矢八の兄。薩摩(さつま)鹿児島藩士。文久2年の寺田屋事件に連座したが,ゆるされて江戸留守居添役となる。西郷隆盛の命をうけ,幕府とフランスの結託を妨害するためイギリスと交渉。薩摩藩邸焼き打ち事件の際,幕府側に捕らえられ,慶応4年1月9日自殺。35歳。名は道懿(どうい)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

柴山良助の関連キーワード池上光則市来勘兵衛梅沢武平大石甚吉柿沢勇記黒田孝富田中清右衛門能美平吾牧野正之進水野徳三郎

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone